カメラは需要が高い

スマホなどのカメラ機能によって、一見カメラの需要は下がったように思えますが、実際にはそこまで変化はありません。確かに携帯のカメラ機能でお手軽に写真が撮れるようになりましたが、本格的な写真を撮りたいのであればより高性能な撮影機能を誇るカメラのほうが性能面で勝っているため、需要は非常に高いです。特に、カメラは高級品なので状態の良い中古品は高価買取のチャンスが生まれやすいです。

リサイクルショップによってカメラ買取の価格は変わる

専門店での買取

専門店でのカメラ買取は、査定が厳しく状態によって値段が大幅に下落することもあります。しかし、大事に扱い、故障もない良好な状態の場合、高価買取が可能です。メーカーや商品によっても値段は変動しやすく、今まで大事に扱っているのであれば、専門店での買取を依頼しましょう。東京などの都心部では店舗も見つかりやすいですが、地方だと店舗が見つかりにくいこともあります。しかし、現在はネット買取などができるのでそこまで問題ではありません。

一般的なリサイクルショップ

なんでも手広く扱っているリサイクルショップの場合、査定は易しめであり、多少の傷程度ならそこまで査定額は下がりません。しかし、査定額は全体的に低めであり、極めて安価で買い取られることが多いです。メリットとしてはいろいろなところに店舗があるので店を探しやすく、気軽に買い取ってもらえるということです。

メンテナンスは常日頃から

カメラ買取において、高価買取の秘訣は日々のメンテナンスです。汚れが酷くないか、故障箇所はないか、あちこち傷だらけではないか。こういった点に気を配り、常にメンテナンスを怠らないようにしましょう。限りなく新品に近い状態であればあるほど、高価買取のチャンスは増えます。

高価買取の要素

no.1

新しい機種であるかどうか

高価買取で最も大きな要素が、新しい機種であるかどうかです。最新機種であればあるほど査定は高くなり、高価買取のチャンスは生まれます。例外として、大昔のカメラもレトロなマニアに人気ですが、その場合は古いカメラを扱っている業者を探しましょう。

no.2

カメラのタイプ

カメラには様々なタイプがあり、タイプごとによって人気や値段も異なるので買取価格は大きく変わってきます。デジタル一眼レフカメラはアマからプロまで幅広く愛用しているため需要も高く、高価買取のチャンスが生まれやすいです。なお、フィルムカメラは現在需要が少なくなり始めています。

no.3

人気のメーカーであるかどうか

メーカーも買取額に大きく関係しています。人気メーカーのカメラは品質も優れているため、高価買取のチャンスが生まれやすいです。人気メーカーのカメラの場合、新品の4~5割りと割高な査定額で買い取ってもらえるチャンスもあります。

no.4

状態

状態が悪ければもちろんその分査定額は下がります。例えばあなたがカメラを買う時、新品同様の中古カメラかボロボロの中古カメラだったら前者を選ぶのではないでしょうか。新品に近い状態であればあるほど査定額は高くなるので、日頃からのメンテナンスは怠らないようにしましょう。

no.5

付属品の有無

説明書や保証書といった付属品があれば、その分査定額は高くなります。特にバッテリーや充電器は必須といえます。バッテリーが動かず、充電器もない場合、買取拒否される場合もあります。互換性のある充電器とバッテリーがあれば問題ないかもしれませんが、前もって相談しましょう。

リサイクルショップで少しでもカメラの高価買取を目指したいなら

お金

レンズも大事

カメラ買取をする時、本体だけではなくレンズもきちんと綺麗にしておきましょう。レンズもカメラ本体並みにこまめなメンテナンスが必要です。内側にカビが付着していたり、ヒビが入っている場合買取不可になる可能性もあります。また、レンズもカメラと同じくメーカーによって査定額がかわりますがカメラよりかは買取額が安定しているため、多少古いものでも状態が良ければ値崩れはしにくいです。

高価買取のコツは、早めに売ること

カメラ買取で少しでも査定額を高くしたいのであれば早めに買い取ってもらうのが最も確実です。カメラに限らず、電化製品は購入したその時から経年劣化が始まります。1カ月やそこらなら問題ありませんが、一年二年と経つと次第に劣化し始めます。新しいものを買いたい場合、また、もうカメラを使わなくなった場合は早めに買い取ってもらいましょう。

広告募集中